SKETについて

仮想通貨の登場により、ネットワーク上での送金が手軽に行える時代を迎えました。 その根底となるブロックチェーン技術は、ネットワーク上の取引を安全に行える仕組みを提供しています。

私達が発行したSKET(Sukedachi Token)は、この技術を利用し「手軽に、安全に、応援したい人への支援や、助けてくれた人への感謝を伝えられる社会作り」をコンセプトとしております。

恩送り - Pay it forward

「助けてくれた人への感謝」として、SKET(Sukedachi Token)は、古くから伝わる文化「恩送り」をネットワーク上で実現することを目指します。 「恩送り」とは、誰かから受けた恩を、直接その人に返すのではなく、別の人に送ることで「恩」が広がり、社会全体が良くなっていくという考えです。

近年、海外でも恩送りに相当する考え「Pay it forward(ペイ・イット・フォーワード)」が注目され、様々な団体立ち上がっています。SKETはそういった団体との連携も進めていきます。

個人革命

「応援したい人への支援」として、SKET(Sukedachi Token)は、ブロックチェーン技術を利用し、これまで個人で行うのが難しかった、各分野で活躍しているクリエイターへの直接応援や、地域活性化への取り組み、災害地域の復興支援等を、個人から直接行える社会作りを目指します。

また、作品の制作やイベントの開催に必要な寄付の募集も、ネットワーク上で容易に行えるようにSKETを活用します。

Wavesについて

SKET(Sukedachi Token)は、仮想通貨Waves(ウェーブス)をベースに発行されたトークンです。 Wavesとは、Bitcoin(ビットコイン)やEthereum(イーサリアム)同様、ネットワーク上で取り扱われる仮想通貨であり、「他の仮想通貨より取引が高速」「取引するものを自由に決められる」など、機能性に特化した仮想通貨であり、多くの企業がWavesの将来性を評価しています。

SKET (Sukedachi Token) SPEC

名称:Sukedachi Token
シンボル:SKET
発行枚数:390億枚
小数点以下:8桁

SKET関連サイト

SKETに関する情報サイト、コミュニティやSKETを利用したオンラインサービス、各種アプリケーションの紹介です。

SKET WHITE PAPER

SKETのコンセプトやスペック、今後提供するサービスや今後のロードマップを示した報告書です。(※ 公開準備中)

SKET DISCORD

SKETの活動はコミュニティツール「DISCORD」で「助太刀陣営」により行われています。 DISCORD上ではSKETを利用したアプリ開発や、イベントの企画。助太刀陣営の活動や募集を行っております。

tipSKET(投げ銭Bot)

tipSKETはSKETのコンセプトである「応援したい人への支援・助けてくれた人への感謝」をTwitter上で行うサービスです。 @tipSKETに対し特定のコマンドをツイートとすることで、特定の相手とSKETの受け渡しを行うことができます。

Waves Platform

SKETのベースとなる仮想通貨「Waves(ウェーブス)」のオフィシャルサイトです。 SKETを保管するウォレット(お財布)も、このWavesと共用のアプリケーションを利用します。 またウォレット上に備わっているDEX(取引所)機能を利用することで、SKETを取引することができます。

助太刀ゼニー

国内仮想通貨「BitZeny(ビットゼニー)」の紹介、無料配布を行っているサイトです。 サイト上のFaucet(蛇口)サービスを利用することで、BitZenyとSKETの両方を受け取ることができます。

KOTO(コト)はじめ

国内仮想通貨「KOTO(コト)」の紹介、無料配布を行っているサイトです。 サイト上のFaucet(蛇口)サービスを利用することで、KOTOとSKETの両方を受け取ることができます。